太陽光発電を実際に施工する業者

設計事務所をしています。

幾つかの建物で太陽光発電は実装しました。

私自身は検証材料が乏しい為、エコ的観点からはあまりお勧めしていません。

さて結局トクか?という問題について、あまりにもダークサイドが周知されていないことに危機感を抱いています。

それは、太陽光発電を実際に施工する業者の質の問題です。

あえて書きます。

程度の低い悪徳業者が非常に多いという印象があります。

とんでもなく杜撰な見積、強引に契約を迫る営業、建設業の風上にもおけない下手な施工、メンテナンス皆無のアフターサービス等々。

被害にあった、遭いそうになっている人の相談を何度も受けました。

商談に同席し、こちらが見積と契約書の不備を指摘すると恫喝まがいの逆ギレを起こされたこともあります。

今政権がグリーンエネルギーを経済活性化の起爆剤と捉えたり沈滞している住宅建設業界の切札はリフォーム産業である、との国交省大臣のインタビュー記事を読むにつけ、まさに机上の空論だな、と感じています。

このままでは今後、大問題が起こると思います。