環境に優れた太陽光発電

地震の多い日本では、太陽光発電の性質はとても有用な性質といえるでしょう。

また、太陽光発電なら電力を必要とする地域の近くに設置しても、安全性的にも環境への配慮としても発生する問題がないため、太陽光発電を需要地の近くに配置すれば、送電のコストや損失を低減することができ、余分なお金をかける必要もありません。

とはいえ、太陽光発電にも欠点はあります。

なんといっても、太陽光発電なので太陽がなければ発電できないということです。

ですから、夜や、雪深くて昼間太陽光発電を起こすための機器の上に雪が積もってしまうような地域では発電ができません。

そのような時には、電力会社から電力を買い取らなければなりませんから、太陽光発電を導入すれば電気使用量が一切かからなくなるということはあり得ません。

今後、さらなる技術開発により、変換効率がもっとよく、またコストも低く抑えるものが発売されるようになることは、多くの方が望んでいます。

ですからきっと、近い将来、太陽光発電はもっと普及するようになることでしょう。