不安定な太陽光発電

太陽光発電システムは新しい技術でありますので、現時点では安定した技術とは言い難い状況であります。

太陽光発電が普及していく事で、電力会社にかかる負担が懸念されますが、例えば、太陽光発電が普及すれば、必然的に現在の発電所の負荷が減る事になります。

そして、稼働させない発電所などはただの金食い虫でありますので、閉鎖される発電所も増えていく事でしょう。

しかし、太陽光発電は天候が悪い時などは発電する事ができませんので、もしも、天候が悪い日が続いたとしたら、慢性的な電力不足に陥ってしまう恐れもあるのです。

そのためには、天候に左右されない太陽光発電技術などが期待される所でしょうが、その様な技術はもはや太陽光発電ではなくなってしまうので、難しいでしょう。

宇宙ならば、天候の影響を受けないので、宇宙に大規模な太陽光発電施設をつくり発電を行うといった研究もなされている様ですが、送電方法が発達しなければ意味はありません。

様々な面で技術発展している太陽光発電ですが、この様な、不安定な部分を解決する事が必要と考えられているのです。